国立大学医学部在学時代に培った知識、そして当時アルバイト勤務したメンズエステでの経験を活かし、このたび全国でも初となるこのクリニックを開院いたしました。人は心身ともに健康であってはじめてその能力の100%を発揮できるものです。私たちは、世の中の男性女性すべてが、今日も明日も笑顔ではつらつと、いきいきと生活できることを願い、応援してゆきたいと思います。

当クリニックにお越しになるお客様には、まず最初に消毒を兼ねた薬液を下半身の局部に散布していただきます。市販のものではないこのクリニック独自の薬液は、消臭効果(デオドラント)とムレ防止効果、そして洗浄のできるものです。これにより下半身に匂いのない清潔な状態に保ちます。またこの際、性感染症の方やその恐れのある男性には、とうていガマンできない激痛が走りますのでその時点でお帰りいただくことになります。つまり、そこですでに白黒ハッキリしてしまうということです。もちろん同時に殺菌消毒効果もありますので、二次的・三次的な感染経路も存在いたしません

当クリニックは…という前に、クリニックである以上、性的なサービスなんてあくまでハプニング、メインに置くようなものではありません。もちろんマスクもしますし、手袋(私たちはグローブと呼びます)着用の上で、お客様に接するのがベーシックなのです。お客様の身体に触れることがあったとしても、それはシリコン製の手袋ごしです。何度もお見えになって、信頼できる方と思えるお客様であれば、次のオプションも考慮できるけど、初めて合う男性の局部を何のためらいもなく…それはさすがにムリがありますよね?お客様あってのお店ではありますが、それによって働けない女性たちのこともしっかり考えるべきだと、私たちは真摯に思うのです。

当クリニックに、なぜこんなにも多くのお客様が足を運ばれるのでしょう?それも、女性に全く無縁で…生理的に多くの女性が嫌悪してしまう、そんなタイプでもない、ごく普通の「こマシな方々」が?さて、風俗のイメージとはどんなものでしょう?いわゆる「気持ち悪いオッサン」だらけ?かくいう私も未経験時代にはそのような印象を持っていました。そして、確かに昔はそうであったのも事実。ただ、このクリニックのコンセプトが少し飲み込めてきたならもうおわかりかと思います。当クリニックにいらっしゃるお客様は、「なんで?女なんて不自由してないでしょ?」という方がほとんどを占めます

当クリニックで、お客様が一番楽しみにしているのは、ずばり「ハプニング」です。まさかのシチュエーションで、ありえない関係の相手と、ありえないことが起こってしまうこと。そこに興味や興奮を覚えるのです。しかも、それはその人が一度や二度と自分自身で経験したからこそその味を知っているわけで、そんな、まさか「色ごと」に縁遠い方や明らかに無関係な方にはきっと分かり得ない境地なのだと思います。私が現役プレイヤーだった頃のことになりますが「ああっ!この少年をどうにかしてしまいたいっ!」なんて衝動はよくありました(笑)

当クリニックにお越しになるお客様のほとんどが、実はもう数十回と通われている方なのです。「ここだったら安心だから」「安心してまかせられるから」あえて通われる理由を聞いてみた時に、そういう声をいただくことがあります。私たちはヘルスやソープのような過激なサービスを提供していませんが、こんなにお客様に喜んでいただいている、わかる人にわかっていただけている。時々なみだが出そうになります。そして、お給料はその業種に負けないくらいに頂いている…だから私たちは、私達のできることで、精一杯お応えしたいと思うのです。これに、なんとなく共感していただければ幸いです。


マニュアルで覚えられる簡単な内容ですので誰でも初日からおこなっていただけます。
このメニューでは、男性が下半身を露出しますので、それをしっかり観察していただきます。直接触れることはありませんが、外観として性病特有の症状が出ていないかをチェックいたします。勃起前・勃起後、両方の観察となりますが女性から何かしていただく必要はありません。
視認検査の終了後、続いて男性本人が自慰にて容器に射精します。専用キットを使用して精子量の測定を行っていただきます。スポイト等の専用器具を使用しますので、直接性器や精液に触れるなどの行為はありません。

これより先は対応可能な方のみ行っていただく内容となります。

このメニューでは、上記の視認検査の後、専用の薬用ソープにて局部洗浄をお願い致します。性病の恐れのある方は、この際に独特の反応が現れるのでその時点で終了とし、当院の提携する泌尿器科へご紹介します。なお、ゴム手袋着用ですので直接触れるような行為はありません。また、射精は含まれません。
上記メニューの仕上げに射精を含むものとなります。精液は専用容器に射精させ、精子量の測定を行います。当然ゴム手袋着用ですので直接触れる行為はありません。
当クリニックで行われる行為は、性病の恐れのある方に提携泌尿器科をおすすめしたり、安全と思われる方に自信を与えることを目的とするものであり、各種法律に抵触するような医療行為ではありません。
当店でのお仕事は、かなり想像しやすい風俗のものではないでしょうね。なぜならですが、当クリニックは、むしろ風俗特有の脅威とされる性感染症等を撲滅したい、なんて思う側のお店なのです。女性院長を務めさせていただく私だからこそ声を大きくして言いたいのです。根本にあるのは、もちろんご利用されるお客様のためにであること、だけど本来、こういった考え方や行動は、そもそも実際に働かれる女性のためであるべきなのです。私達の将来のため…にじゃないとダメなんじゃないでしょうか。
ちょっと似てるかなと思い、たまたま他の職場を探していたタイミングでこちらを見つけて応募しましたが、もっと簡単で稼げるんだって初日から実感できたことは大きいです。なにより、その日にお給料がいただけるなんて、常識的に考えたことがなかったので。現在の職場で感じていたストレスも吹き飛んでしまって、結局今のスタイルのまま両立…という方向で進んでいます(笑)
実は私、離婚しちゃいました。これといって手に職があるわけでもないし、実家にお世話になるわけにもいかず、まさにどうしようかなと思っている時でした。水商売や、風俗も本当は考えたのですが、よくよく考えたらそんな事できる自信がない自分に直面しました。お酒が飲めたり、話し上手じゃないし、かといって男性経験もほとんどないし…それでもできる、そんなお仕事があったなんて…という心境です。